たこやきパーティー

たこやきパーティー

この前、友達の家でたこやきパーティーをしました。

たこやきパーティなんて何年ぶりだろう。というか、今までの人生で2度しかありません。今回を含めると3回目です。

1回目は、小学校のとき友達の家にお呼ばれして行ったとき。

2回目はアルバイト仲間と年越しパーティをやったとき。

3回目は・・・、なんでだっけ。たこ焼きパーティをやってみたいという人のためのたこ焼きパーティだったような気がします。

今までのたこ焼きパーティの中で、一番盛り上がりました。普通に楽しかったです。

いつもたこ焼きプレートで焼くのですが、今まで使ってたやつは加熱が弱かったのか、なかなかたこ焼きができなかったり、穴の数が少なくて1回でできるたこ焼きが少なかったりで、待ち時間がとても長くて途中でみんな退屈していました。

でも、今回のともだちのたこ焼きプレートは加熱がよくて、誰も待たせることなく次から次へとできたので、逆に「早く食べて~」って感じでした。

加熱がいいと、皆がたこ焼をひっくり返ぞうとするときにひっくり返すことができるし、各々アレンジした中身の具を早く味見できて、「あれがうまい」「これがうまい」なんて評価しあいっこをたくさんできました。

一番おいしかった変り種は、チョコビスケットでした。

最初、ひとりの友達が「チョコ入れる」と言い出して、だけど他の人は誰も手をつけませんでした。でも、おいしいとかいうもんだから食べてみたら、確かにおいしかったんです。

だけど、最初にいれたチョコはチョコクランチみたいなもので、皆で「クランチが邪魔だな、いまいちだな」と言っていました。

そしたら差し入れにチョコビスケットを持ってきていた友達がいて、「これ、入れてみる?」といっていれてみました。するとこれがいける。めちゃめちゃ美味しかったです。チョコダイジェストクッキー。

そのあとも思考錯誤を重ねて、レタス、チョコ、エビ、この三つを入れるとかなり美味しくなりました。野菜も魚介類もスイーツも、全部一緒に入っていますね。でも美味しかったです。

もしたこ焼きを自分で焼く機会があったら、ぜひ試してみてください。

名古屋で婚活パーティー

可愛い動物の肉球が…。

最近よくグルメ雑誌などでも見かけるのですが、肉球をイメージしたお菓子などや饅頭などが発売されているそうです。

確かにコンビニなどでも肉球の形をしたグミやクッキーなどを見かけます。

肉球のある代表的な動物と言えば、犬や猫などが多いと思います。

私もたまに愛犬の肉球をふにふにと触る事が楽しみになっています。

人間の肌ではありえない程の柔らかさを持つ愛犬達ですが。

実際に触られている本人達はどんな気持ちなのでしょうか。

嫌がる素振りもなければ、喜んでいるようには見えませんし…。

それでも逃げる事なく無表情で手を差し出してくれています(^^;)

肉球と言えば犬や猫だけでは無く、以前私が飼育していたハムスターにも付いていたのですが。

あまり愛犬達の様に触る機会はありませんでした。。

警戒心も非常に強い動物だった為、絶対に触らしてはくれないと思います。

触らしてくれたとしても、ただでさえ小さな手足から肉球を判断するのも難しいですしね。

肉球の柔らかさと言えば、私は一つだけ驚いた事がありました。

私は今まで飼って来た愛犬は、皆小型犬でした。

その為肉球も小さく、外に出る事も少ないせいかとても柔らかかったです。

その反面近所で飼われて居た大型犬の肉球を見ると、とても大きく硬い事に気付きました。

毎日何時間も散歩に出かけるらしく、可愛らしい肉球のイメージとは違い逞しいイメージの肉球だったと思います。

同じ犬でも大きさや生活習慣が違えば、変わってくる物なのですね。

見た目の可愛らしい犬や猫だけでは無く、勇ましいライオンやトラ達にも同じ肉球が付いている事ですし。

今回の密かな肉球ブームによって、たくさんの動物の肉球がピックアップされると面白いと思います。